光の筒 風の筒

階段吹抜け

光の筒 風の筒

玄関

光の筒 風の筒

玄関ホールより望む

光の筒 風の筒

鉄骨階段

光の筒 風の筒

居間食堂

光の筒 風の筒

テレビ台 キャビネット

光の筒 風の筒

木製ブラインド

光の筒 風の筒

びおソーラー竪ダクト

光の筒 風の筒

トップサイドライトから差し込む光

光の筒 風の筒

2階階段ホール

光の筒 風の筒

光の筒 風の筒

光の筒 風の筒

2階居室

光の筒 風の筒

ロフト

​光の筒 風の筒

浜松では珍しく、高密度に建物が建て込んだ住宅地に立地。こうした環境下にあって、十分な採光と通風を確保すること、暖かな住まいを築くことが、今回の家づくりに於ける大きなテーマでした。ベースとなる総二階部分を敷地の西側に寄せて、下屋部分を敷地の東側に配しました。そうすることで、東側のトップサイドからの採光を確保。こうして得た太陽の日射しを、建物中央に設けた吹抜けを介して下階に導きました。吹き抜け部分には、鉄骨の側桁で構成した軽快な階段を設けています。びおソラーの集熱パネルで得た太陽熱は、床下に送り込まれます。建て主さんからの要望もあって、高気密高断熱の住宅でありますが、その一方で竹小舞土塗り壁といった、熱容量の大きい工法も採用しています。

設計監理:アトリエ樫

所在地

浜松市

​延べ面積

83.86㎡(25.74坪)

竣工

2022年1月

​施工 番匠