茶畑脇のすまい

食堂に対して開いた階段廻り。 上階からの光を落とす、仕掛けになっています。

南側外観。駐輪所をアプローチ脇に設けています。

茶畑

北の庭からの落ち着いた光を導く障子。

茶畑脇のすまい

広がりを感じさせる、斜めに抜けていく視線。

「ご飯が出来たよ~」。階段から食堂の見下ろし。

茶畑脇のすまい

息子さんは釣り好き。

茶畑脇のすまい

ロフトから子供部屋を望む。男の子、二人兄弟。

落ち着いた雰囲気、溜りのある居心地の良さ。

茶畑脇のすまい

茶畑に寄り添うようにして建つ住まい。

​茶畑脇のすまい
 

土地購入を決めた時、敷地は茶畑でした。
茶刈機でお茶を摘む関係で、茶畑は前面道路に対して直交した

奥行きの深い形状になります。こうした茶畑の「かたち」を受けて、敷地形状は間口が狭く、奥行きの深い「クセ」のある形状になりました。

奥行きの深い敷地の中央に住まいを配し、駐車場を兼ねた前庭を南側に確保。敷地の奥には既存の果樹を残した生活の庭を設けました。主屋の西側には、通り抜け可能な土間を配した、下屋を設けています。

所在地

掛川市

竣工

2019年4月