仕事に「舞阪の家」をUP

今回二度目の手直し工事。初回は17年前になります。 住まいは本来、手を入れる度に その魅力を増して行くもの。 住まいも そう、街も そうだと思います・・・。 数多くの要望を一旦は受け止めて、時間を掛けて打合せを行い、 改修内容を取りまとめて行きました。 全てを一新するのではなく、新築時に関わった設計者の意図も汲みつつ、 住まいが本来持っている魅力を引き出す作業。

最新記事

​過去の記事